2008年01月06日

究極の強盗 後編

終に真実が明らかとなる時が来たようだ。
首尾よくElder Scrollを盗み出した私は、それをGray Foxに届ける。


Gray Fox

Gray Fox:私はこの巻物の読解方法を学ぶのに7年を費やした。
Gray Fox:それでも、必死に捜し求めたこれの読解には時間を要するだろう。


Siss:7年で読めるようになったとは素晴らしい・・・
Siss:それで、今は何が起こっていますか?


Gray Fox:あっ、あぁ。何、君への報酬はまだ考え中なんだ。
Gray Fox:君のことも、そして君の盗賊ギルドへの忠義も忘れてはいないさ。
Gray Fox:君には、私を信じるより他にないだろう。


Siss:くっ・・・頼むぜFoxさん。

Gray Fox:この指輪をAnvilのUmbranox伯爵夫人に届けて欲しい。
Gray Fox:私に関しては一切彼女にしゃべらないでくれ。
Gray Fox:私は彼女がどんな反応を示すか知りたいんだ。
Gray Fox:彼女は怒るか、泣くかもしれないな。


Siss:ラブレターを代わりに渡してもうとか小学生ですか・・・

Gray Fox:彼女が尋ねたら、ただ『見知らぬ男に届けてくれと頼まれた』と言ってくれ。
Gray Fox:そしてその時、彼女がどんな反応をしたかを報告してくれればいい。


Siss:見知らぬ男・・・ちょっと中二病の毛もあるような・・・

続きを読む
posted by シス at 20:00 | Comment(2) | OBLIVION>プレイ日記 | *

2008年01月05日

究極の強盗 前編

【The Ultimate Heist】
Steal an Elder Scroll for The Gray Fox, and for glory!
終に盗賊ギルドの最後のミッション。
これで盗賊ギルドの真実が全て明らかとなる。


究極の強盗1

Gray Fox:我々はImperial PalaceからElder Scrollsを1枚盗み出す。
Gray Fox:君はこいつに挑む準備は出来ているか?


Siss:サー!イエッサー!

Gray Fox:買い手が居るわけではない。
Gray Fox:これは名誉の為であり、金の為ではない。


Siss:ほ、報酬なしっすか・・・?(汗
Siss:それだとちょっと・・・


Gray Fox:我々の名は伝説となるだろう。

Siss:Siss,The thief of Legend・・・おk!任せろ!!

Gray Fox:それに、私は個人的にこの特別な巻物が必要でね。

Siss:(あれ?いいように使われてる・・・?(汗)

Gray Fox:君への報酬に関しては、私を信じてもらいたい。
Gray Fox:計画が上手く行けば、君はただの金よりも遥かに価値のある報酬を得られるだろう。
Gray Fox:やってみる気はあるかね?


Siss:(こいつ、いつも報酬けちぃからなぁ・・・)
Siss:(でもお金は足りているし、お金じゃない報酬は気になる・・・)

Siss:やりましょう。


Gray Fox:すばらしい!
Gray Fox:私は11年間この強盗を計画してきた。
Gray Fox:Savilla's Stoneは必要とする情報の最期のひとかけらを与えてくれたよ。

Gray Fox:ペラペラペラペラ────


Gray Foxは今回の計画について長々と説明し始めた。

Siss:ぇ?ぇーっと・・・ぁ、ちょっともっとゆっくり・・・

続きを読む
posted by シス at 00:00 | Comment(2) | OBLIVION>プレイ日記 | *

2008年01月04日

Springheel Jakの靴

【Boots of Springheel Jak】
Find out where Springheel Jak is buried and retrieve a pair of magical boots for The Gray Fox.
例によってまたAmuseiの野郎からGray Foxの伝言が伝えられる。


もう一つのアイテム

今回の目的は、装備すると軽業が大幅に上昇する魔法の靴、
Boots of Springheel Jakである。
前回盗んで来たArrow of Extricationと共に、最後の仕事でのキーとなるアイテムの一つだ。

続きを読む
posted by シス at 00:00 | Comment(0) | OBLIVION>プレイ日記 | *

2007年12月30日

解放の矢

【Arrow of Extrication】
Steal an arrow for The Gray Fox.
記事のタイトルが英語だったり日本語だったりするけど気にしない。
ここからは最終ミッションに掛けての足がかりを作っていきます。


Amusei

Amuseiお前かww

盗賊ギルドにやっと入れたんですね。

Amusei:ああ、そうした。
Amusei:一人で居たから、ツキが回ってこなかったんだ。


いやwwお前がバカだからだと思うぞwww

しかし、いきなりGray Fox直属だと?!
私は下積みを重ねてやっとGray Foxからクエストを受けられるようになったというのに・・・

続きを読む
posted by シス at 00:00 | Comment(2) | OBLIVION>プレイ日記 | *

2007年12月27日

3匹のミノタウロスロード

コブタ的なノリでミノタウロスロード。

Ysabel:あんたの腕前は頂点まで来てるみたいだね。
Ysabel:あんたの相手をいってくれ。
Ysabel:Minotaur Lordを1匹か、2匹か、3匹か。
Ysabel:さあどうする?



3匹の子豚

もち(゚∇゚〃

続きを読む
posted by シス at 00:24 | Comment(0) | OBLIVION>プレイ日記 | *

2007年12月24日

Turning a Blind Eye

【Turning a Blind Eye】
Steal a stone for The Gray Fox.

盲目

Gray Foxから、Temple of the Ancestor Mothsとして知られる修道院から
Savilla's Stoneを奪取してくる任務が与えられた。
修道院はCyrodillの辺境のCheydinhalのどこかの北の山の中にある。
stoneの守護者を殺しても血の代償は受けないとみてよいが、関係ない人々であれば話が違う。
Gray Foxはこの任務に金貨500枚を約束してくれた。

続きを読む
posted by シス at 20:00 | Comment(0) | OBLIVION>プレイ日記 | *

2007年12月17日

Taking Care of Lex

【Taking Care of Lex】
Get Hieronymus Lex reassigned.
Gray FoxHieronymus Lexが起こす厄介ごとにうんざりしているそうだ。
丁度AnvilUmbranox伯爵夫人が警備隊の隊長を必要とし、
Imperial警備隊からの推薦人の手配を頼んでいた。
Lexを推薦する文書を偽造して、それを直接伯爵夫人に渡さなければならない。
面白くなってきた。


殺し現金

Siss:(私、Dark Brotherhoodの頭なんですが・・・)

S'krivva:よろしい。覚えておくんだ、これは隠密任務だよ。
S'krivva:流血沙汰は禁ずる。


続きを読む
posted by シス at 19:42 | Comment(0) | OBLIVION>プレイ日記 | *

2007年12月15日

失われた歴史

【Lost Histories】
Finish a job from which a guildmate has not returned.
『Lost Histories of Tamriel』という本を盗む為に送り込まれたTheranisという盗賊と連絡が取れなくなった。
彼の身に何が起きたか調べ、同時に本を回収してくるように頼まれた。
本さえ持ってくればTheranisなんてどうでもいいと言う感じらしい・・・
恒例の事情通の物乞いから、彼は本は盗んだがその後捕まったと言う話を聞く。
また同じパターンかよwって思いつつ牢獄へ。

ガードが居ますが、前回で味を占めた私は

Siss:50Gでそのドアは開きますか?


田舎者

な、なんだってー!

前回のガードの時の2.5倍も払うって言ってんだぞ?!
50Gってこの世界じゃ超大金だぞ?!

・・・いや、むしろ彼の方が普通の対応なのか。

続きを読む
posted by シス at 18:00 | Comment(0) | OBLIVION>プレイ日記 | *

2007年12月14日

S'Krivva's Quests

【Ahdarji's Heirloom】
Recover a ring stolen by a freelance thief.
Ahdarjiという人、いやKhajiitだから動物・・・?に頼まれて
盗まれた指輪を取り返して欲しいというもの。
なんと、指輪を盗んだのはあのAmuseiだった。
(最初に盗賊ギルド入団試験で私負けた二人の内の一人)
しかも今は捕まって牢獄にぶち込まれているとか・・・
おま、って事はその指輪はどうなったんだよ。
とりあえずAmuseiにあって話を聞かねば。


通してくれませんか?

Siss:20枚の金貨の為にでさえ出来ない?


ウケるww

ワロスwww

続きを読む
posted by シス at 14:23 | Comment(2) | OBLIVION>プレイ日記 | *

2007年12月13日

Armand Christophe's Quests

【Untaxing the Poor】
Steal the tax records for the Waterfront residents.
盗品を売りまくって信頼を得た私にはどんどん仕事とが来ます><
今回の仕事は、貧しい物乞いから徴収された税金の納税記録を回収することだ!
うん、ほら、やっぱり正義の味方っぽい!


税金

税金の方は美味しく頂いておきました(悪

続きを読む
posted by シス at 06:59 | Comment(0) | OBLIVION>プレイ日記 | *

2007年12月12日

Thieves Guild

【Finding the Thieves Guild】
So you want to join the Thieves Guild? Don't you know it doesn't even exist?
開錠の記事を書いたのも、全てはこの日記に繋げるため。
暗殺ギルドの次は盗賊ギルドと、落ちるところまで落ちる感じもしますが、
実は盗賊ギルドって案外悪くない奴らだったりもする。
物乞いの味方で、あくどい金持ちから盗むのが仕事ですから(゚∇゚〃


コレだけ。

続きを読む
posted by シス at 06:00 | Comment(4) | OBLIVION>プレイ日記 | *

2007年12月11日

開錠のコツ

鍵

ピッキングのコツを簡単にまとめておきましょう。

続きを読む
posted by シス at 12:00 | Comment(0) | OBLIVION>プレイ日記 | *

2007年12月10日

衝撃の事実

【A Kiss Before Dying】
In Bravil lies the home of the Lucky Old Lady and a "lucky" Bosmer, and today fortune shines on both... but only one shines back.
次のターゲットはLucky Old Ladyと呼ばれる古代の石造に祈りを捧げているウッドエルフである。
さっそくBravilへ。


殺されている

殺されてるーΣ(・Д・ノ)ノ

エンチャ付き弓矢で善戦していたものの、ガード二人とメイジギルド員一人の前には無力・・・
今回も私が手を下すまでも無くミッション終了(゚∇゚〃

と、思った矢先


遅すぎたか

何?!

続きを読む
posted by シス at 00:00 | Comment(3) | OBLIVION>プレイ日記 | *

2007年12月09日

Black Hand Quests 2

【Broken Vows】
Deep within the well of Skingrad Castle Courtyard, the next Drop matches killer against killer.
今回のターゲットは実力行使で殺害します。


口走る

何か意味深なことを口走っていますが・・・
相手も殺る気満々なのでそのまま殺害。

実は彼のこの発言が重大な意味を持っているのですが
それが分かるのはまだ先のお話。

続きを読む
posted by シス at 03:00 | Comment(0) | OBLIVION>プレイ日記 | *

2007年12月08日

Black Hand Quests 1

ここからは、簡潔に日記をまとめて行きましょう!(サボリトモイウ

【Affairs of a Wizard】
The first Dead Drop contract at Hero Hill, to stop a Necromancer from achieving immortality.


リッチ

リッチになって永遠の命を手に入れようとしたネクロマンサーの話。
この暗殺もまた面白く、まだ完全にリッチになりきれていないターゲットは
Sand of Resolveを常に所持していないと生きていられないようだ。
それをこっそりポケットから盗み出し殺すという計画。

続きを読む
posted by シス at 12:00 | Comment(0) | OBLIVION>プレイ日記 | *

2007年12月07日

The Purification

【The Purification】
Things at the Sanctuary have gone sour, and the Brotherhood can't afford chance or weakness.
私の暗殺ギルドでの活躍は目覚しく、終に大きな出世のチャンスが。
なんとDark Brotherhoodの上層機関、Black Handから必要とされたのだ。


ブラクハンド

早速、Fort Farragutへ。

続きを読む
posted by シス at 07:02 | Comment(4) | OBLIVION>プレイ日記 | *

2007年12月06日

永久的な引退を

【Permanent Retirement】
Adamus Phillida spent years looking for the Brotherhood, assure him they've always been “right behind him.”
今までで最も重要な任務、そうDark Brotherhoodの上層機関である
Black Hand直々に下された命令なのだ。


最重要任務

Ocheevaは今回の任務についてと、そのターゲットであるAdamus PhillidaDark Brotherhoodの関係について話し出した。

Ocheeva:Adamus Phillidaは生涯をかけてDark Brotherhoodを追い続け
Ocheeva:我々の契約(仕事)の邪魔をし、組織のメンバーを殺めてきた!
Ocheeva:もちろん、我々はPhillidaを殺害しまいとしましたが
Ocheeva:三回とも失敗しました。
Ocheeva:奴は強大で、しかも逞しい仲間に取り囲まれていました。


帝都の軍人一人も殺せないとは、泣く子も黙る暗殺集団が聞いて呆れるぜ。

続きを読む
posted by シス at 02:23 | Comment(4) | OBLIVION>プレイ日記 | *

2007年12月05日

犯人はこの中に居る!

【Whodunit?】
Summitmist Manor; there were six on the night of last and then there were none... save one.
Whodunitとは「推理劇」という意味で『Who done it ?』から出来た造語。
WhodunitはWho done itだから推理劇。これで忘れないね(゚∇゚〃

さぁこれから私は、外は吹雪、電話線が切られ外界とは隔離されたロッジで起きる殺人劇を見事解決・・・

なんて事はしないんですよ。
なんたって私はDark Brotherhood

探偵なんて似合いません。
そう、私がやるのは・・・

犯人ですよ犯人><


6人目

続きを読む
posted by シス at 00:00 | Comment(0) | OBLIVION>プレイ日記 | *

2007年12月04日

OBLIVIONをディスクなしで起動できるようにする

なんかさ、オブリビオンのDVDディスクに傷が付くんだよね。
大した傷ではないんだけど・・・段々増えて行く。
円を描くように入るからドライブで周ってる時に付くんだと思う。

なんたってうちのドライブは自分でこじ開けないと
引っかかって空かないからね!


今更傷が入るとか言われても驚きもしないのですよ。
でも、このままじゃそのうち傷で上手く読み込めなくなるかも。
それは不味いですね。
ってことでドライブにDVDを入れなくてもゲームが起動するように

仮想化とやらに手を出してみました。

続きを読む
posted by シス at 00:00 | Comment(8) | OBLIVION>プレイ日記 | *

2007年12月02日

暗殺家業

【The Assassinated Man】
A most dishonorable Francis Motierre gives his own family to escape his cowardly mistakes.


ヒヨス

今回の仕事は、殺人ではなく、ターゲットを殺害から守る。
凄い・・・なんか暗殺ギルドらしからぬクエだ。

ターゲットはヤバい所から借金をし、お金が返せなくなったために命を狙われているらしい。
自業自得なのでそのまま殺されちゃえばいいのにとか思いながらも
こちらも仕事なので仕方なく守ります。

今回の作戦はこうである。
@暗殺者がターゲットを殺しに来た目の前で私がターゲットに切りかかる。
A短剣には特殊な毒が塗ってあり、一時的な仮死状態を作り出す。
Bターゲットが殺害されたと思った闇金は諦める。


ヒヨスか!グリフィス!!

続きを読む
posted by シス at 00:00 | Comment(0) | OBLIVION>プレイ日記 | *
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。