2009年04月24日

画質改善系MOD

OBLIVIONと言えば、綺麗な綺麗な風景と世界観!!
今までは画質低下系MODでなんとか動かしていたのですが、
PCが新しくなったので、逆に画質改善系MODが入れられるようになりました。

今回導入したのは以下の5つのMODです。

■Qarl's Texture Pack 3

■Qarl's LOD normals 4096 compressed

■4096x4096 Improved Zacharots LOD Textures Part 1 of 2
■4096x4096 Improved Zacharots LOD Textures Part 2 of 2

■Really AEVWD v1.4

■Phinix Waterfix

簡単に導入方法、MODの説明とコメント、使用前後の比較画像でも載せておこうかと思います。


■Qarl's Texture Pack 3

まずはこちらの、総合画質改善系MOD
軽量版もあるので、PCスペックに見合った物を選べるのも特徴。
とにかくありとあらゆる所のテクスチャが高画質になります。
その為にファイルサイズが非常に大きく、omod化した後のファイルでも1.7G近くあります。
以下に簡単な画像比較を載せてみます。
※画像はクリックして拡大してください

Before
QTP3使用前(地面).jpg

After
QTP3使用後(地面).jpg

本当はもっと色々比べられれば良かったのですが・・・
これ以外にも本当に色々な所のテクスチャが張り替えられてます。
ただ結構コントラストが強くクセがあるので好き嫌いがあるかも?
画質が良くなると、本当に歩いてるだけで楽しい!

導入するには、上のリンクからMODをダウンロードした後に解凍。
解凍したフォルダの中のexeファイルを起動すると、自動的にファイルが展開されます。
展開されたtexturesとmeshesのフォルダをOBMMでOMOD化します。
競合ファイルが非常に多いので、上書き警告無しでアクティブにする事をお勧めします。
でないと上書き警告が出るわ出るわエンドレス(汗 ←やった人

OBMMの使い方についてはここでは述べませんが、テクスチャ等を反映させるには、UtilitiesのArchive invalidationの設定が必要です。


Before
QTP3使用前(遠景).jpg

After
QTP3使用後(遠景).jpg

非常に大きなファイルでしたが、遠景については変化がないようです。
その為に次の遠景MODを導入しました。


■Qarl's LOD normals 4096 compressed

遠景のノーマルマップを追加して凹凸感を与えます。

導入は上のリンクからダウンロードしたファイルを解凍後、そのままOMODに。


■4096x4096 Improved Zacharots LOD Textures Part 1 of 2
■4096x4096 Improved Zacharots LOD Textures Part 2 of 2

どうせなら、遠景のテクスチャも高画質な物に置き換えましょう。

これも同様に上のリンクからダウンロード&解凍。
Part2のフォルダのtexturesをPart1に纏めてOMODに。


QTP3のみ
QTP3使用後(遠景).jpg

『QTP3』+『Qarl's LOD normals』
Qarl's LOD normals 4096 compressed

『QTP3』+『Qarl's LOD normals』+『Zacharots LOD Textures』
4096x4096 Improved Zacharots LOD Textures

『4096x4096 Improved Zacharots LOD Textures』は高画質というよりは、ただ色調が落ちつただけという感じも・・・
遠景テクスチャの良し悪しは判断しづらいので、入れないorもっと軽いものを入れてもいいかもしれませんね。






ここまで全て導入しても、FPS60をキープしていました。
流石最近の(スペックは古いけどw)PCは違う!

【CPU】
【MEM】
【VGA】
【解像度】
【Option】
【その他】
Core2Duo E8500 (定格)
4G PC6400 (2G*2)
SAPPHIRE HD4870/2GB VAPOR-X (定格)
1920*1080
殆ど最高+HDR
AA4 AF8 (SS撮影時はAF8だったが、現在AF16使用)

とか思ってたら、本当の地獄はこれからだった・・・




■Really AEVWD v1.4
FPSやVRAMに優しい遠景表示MOD(それでも重いけど…)

上記MODをOBMMで適用した後『TES4LODGen』を使用する事で反映されます。
TES4LODGenはexeを起動するだけで遠景データを自動作成します。
処理に少し時間がかかりますが、必ず「finished (you can close this application now)」と表示されたのを確認してから閉じて下さい。

ここまで来たら、遠景表示MODも入れないとダメですよね^^


Before
RAEVWD使用前

After
RAEVWD使用後

FPS60→FPS20台\(^o^)/


こ、これが軽いと噂のRAEVWDだと・・・?!
ちょっと遺跡とかが表示されただけに見えるのに・・・
正直遠景表示MOD舐めてましたorz

ちなみに、オプションの2つのespも入れてるので、首都の方を向くとFPS10台まで落ちますw
実際壁しか見てないのにFPSが落ちるってことは、見えてないけど奥の建物のデータを読み込んでるんですね。


まぁ、せかっくなので私はRAEVWD導入した状態でプレイすることにします。
元々FPS一桁でプレイしてたので、10台20台でも殆ど気にならない(゚∇゚〃
ヌルヌルでやりたい方は、遠景表示MODは入れない方がいいと思います。

posted by シス at 01:00 | Comment(2) | OBLIVION>MOD関連 | *
この記事へのコメント
はじめまして、Qarl's Texture Pack 3の検索でこのサイトに来ました

obmmの上書き警告を無しにするにはどうすれば良いのでしょうか?
できたら教えてください
Posted by ZIRORI at 2010年09月20日 10:30
ブログの方を完全に放置していました・・・
申し訳ありません。

今更解答しても遅い気がしますが、一応。
確か最初に上書き警告しますか?みたいなダイアログが出たような気がします。

多分質問されているからには、その警告が出ていないのでしょうが・・・
そうなると私には分かりかねます。
Posted by シス at 2010年11月29日 01:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

保存しますか?

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。